2018/4/2(月)

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 13:55

●議員団会議

 

●生活保護問題で生活と健康を守る会のみなさん他の申し入れに同席

 奈良市内で生活保護を受けておられる男性に対し、奈良市が病院への交通費(移送費)の支払いを拒否し裁判で争われていました。

 

 その地裁判決が27日に下されました。市に10万円を支払う判決です。今日、奈良市に対して、控訴はせず判決を確定させてほしいと、奈良県生活と健康を守る会など携わってきた団体の皆さんなど20名が参加し、申し入れを行いました。

 

 この男性は、闘病中で、まさに命がけの裁判となっていました。

もしも市が控訴すれば、裁判中になくなられる可能性が極めて高く、そうなればこの裁判自体がなかったことになってしまいます。

 

 病気が原因で仕事ができず、やむなく保護を受けておられる方にとっても、移送費が支払われないことは病院への足を奪うことに他ならず、命を脅かすことにもなります。

 

 市議団としても、今後奈良市が病院移送費について、適切に運用されるよう奈良市に求めていきたいと考えています。

コメント
コメントする